スピード名刺管理

シェアする

名刺交換

メールの返信書いたり、ちょっと調べものしたりして、そのうち電話がかかってきたり、他の人から質問がきたりと、細々としたことをやっているうちに時間ばかりが過ぎてしまったなんて経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

そんな細々したことの中には名刺管理もあります。

名刺には名前、会社名だけでなく、役職、部署、住所、電話番号、メルアド、サイトのURL、中には携帯の番号などもあります。

整理して保管するだけでもいいのですが、年賀状を送るとか、メールで連絡をとるなど、データ化してあると便利な場合が多々あります。

しかし、あんなに小さな紙ですが、いざ、入力しようと思うと結構面倒なものです。

しかも、飲み会やセミナーなど、何かの集まりで複数枚あると、ついつい入力を後回しにしてしまいがち。

データ化し、いつどんな状況でもすぐに行動に移せるようにしたいものです。

ではどうやったら?

実は気軽な方法が1つあります。

最近は携帯をガラケーからスマホに切り替える人も多くなりましたが、スマホで名刺管理をすれば名刺管理が楽になります。

iPhoneアプリで名刺管理のアプリがいくつかあります。

(無料のものは保存できる件数に限りがあるので、本格的に使用するには有料アプリがお勧めです。)

れが便利で優れものなんです。

 

どのアプリも画像認識で名刺をデータ化するタイプが大半です。

アプリからカメラ機能が起動し、名刺をカシャッと写します。

そうすると、会社名、氏名、役職、メルアドなど、名刺にある情報がすべてデータ化されます。

一瞬でデータ化し、アプリによっては連絡帳に保存されます。

時々うまく認識できない部分があり、違った文字になってしまう場合もありますが、そこだけ手で変更すればいいので、すべて手入力することに比べればはるかに楽です。

さらには、iCloudを利用している場合、パソコンからも操作できますので、パソコンからグループ分けするなんてこともできます。

また、アプリによっては写した名刺の画像データを保存・管理してくれます。

文字だけではなく、名刺のイメージも管理できることから、とても思い出しやすいです。

データ化してスマホに入っていると、外出中でも、急にメールで資料をおくらなくてはとか、連絡をとらなくてはというときにすぐにデータが出てくるので非常に助かります。

最初にたった数百円(あるいは千数百円)払っただけで、簡単に名刺管理ができるのですから安いものです。

スマホを活用すると、名刺データ入力の効率化だけでなく、フットワークのよさにもつながります。

あるものはどんどん活用した方がお得です。

 by 株式会社アルヴァス 渡邊全美

シェアする

フォローする