スマートモバイルオフィス

シェアする

モバイル

モバイルオフィス(Mobile Ofiice)という言葉を御存知でしょうか?

言葉のまま、オフィスをモバイル化できる、どこにいても仕事ができるということです。

いまどき実現できていそうで実現できていないモバイルオフィス。

モバイルオフィス化できたら、自宅で仕事ができて、辛い満員電車に乗ることもなく、通勤時間を朝ののんびりとしたコーヒータイムにまわせたり、余暇に利用したり、気分を変えたかったら、ファミレスだってカフェでだってどこでもできます。

忙しく動き回る方でも車の中や電車の中でもメールのチェックだけでなく、ファイルを共有したり、社内システムを操作したり、会議もできます。

システムのクラウド化により、一部はモバイルオフィスが可能になってきています。

とはいえ、まだまだ基幹システムはクラウド化していないものが多く、モバイルオフィスが広く実現できているというレベルにはまだ達していません。

また、パソコンを持ち歩かなくてはならず、薄型のノートブックなどのパソコンでも、実際に持ち歩くことを考えると結構重たいものです。

ましてや女性はバッグに鏡や化粧品など、荷物が多い上にパソコンもとなると、重さで手のひらは真っ赤になるし、肩にかければくいこんで痛くなるし、片側に負荷がかかりよってしまうためにヒールが高めの靴ではすぐに足が疲れてしまいます。

そしてパソコンでは起動に時間がかかりすぎ、快適さにも難点があります。

ほんの数分待てば使えるのはわかっているのですが、何かをしようと思った際にささっとできないと人はどうしてもストレスを感じてしまいます。パソコン本体の起動に時間がかかり、OSの起動に時間がかかって、もう使える時までにはイライラが積もります。

Windowsパソコンの場合、OSがWindows7になって起動は早くなったのですが、それでもイライラが完全に解消するまでには至りません。

重い思いをして、やっと使おうとしたらなかなか起動しなくてイライラストレス溜めて・・・。

本当に便利なのか不便なのかさっぱりわかりません。

モバイルで何かをできるということはとてもスマートなイメージがあるのに、現実はスマートから程遠いものです。

しかし、近年スマートフォン(タブレット含む)の登場によりスマートにモバイルオフィスの実現がグッと近づいてきました。

スマートフォンはアプリはもちろん、既存のWebシステムも利用でき、また小型であり大変軽いです。

パソコンと比べて起動が早く、思ったときにすぐ表示できるのはとても魅力的です。

スマートフォンと言うと、高機能な携帯というイメージかもしれませんが、携帯ではなく、機能もセキュリティもメリットデメリット合わせて小型パソコンに通話機能がついたものと思った方がいいでしょう。

さらに、スマートフォンの普及とともにWi-Fiポイントも増えてきています。

WiMAXなどのサービスもあり、快適な通信速度も確保できるようになってきました。

スマートフォンを利用すれば、新しくモバイルパソコンを買うこともありません。

スマートフォン(タブレット含む)はいまや携帯の新規モデルの大半を占めています。

もはや特別なものではなく、今手持ちのスマートフォンを利用してすぐにでもスマートにモバイルオフィスを実現できるかもしれません。

※このブログ内ではスマホやクラウドの利用などハード&ソフト&通信共により快適に継続しやすいスマートさを持ち合わせたモバイルオフィスのことをスマートモバイルオフィスとしています。

by 株式会社アルヴァス 渡邊全美

シェアする

フォローする